バナー

ウォーターサーバーの電気代の節約方法

ウォーターサーバーは通常電気で冷水やお湯を出す仕組みになっているので当然電気代がかかります。
とは言っても毎日必ず使うものなので少しでも電気代を抑えたいところです。

では、どうしたら電気代を節約できるのでしょうか。

まず考えられるのは、なるべく省エネモードが使えるサーバーを選ぶということです。
また、冷水オンリータイプを選ぶのもいいかもしれません。


このようなタイプは熱湯は出ませんが、その分電気代がかからないようになっているのです。


もしレンタル契約であれば、サーバーをこれらのタイプに交換するというのも1つの手かもしれません。

またどうせ交換するなら最新型に交換してもらうと良いでしょう。

というのも、基本的にウォーターサーバーは最新のモデルのものほど月々の電気代かからなくなる、という傾向があるので、もう何年もサーバーを交換していないという方にお勧めです。

レンタルであれば無料で交換してくれる場合もあります。



もしさらに電気代を節約したいのであれば、温度設定可能なウォーターサーバーを選ぶのも良いでしょう。

なぜなら、ウォーターサーバーで電気代が高くなってしまう大きな要因は温水モードだからです。



温水モード搭載モデルは、水の温度を常に高温に保つ構造になっています。

Reutersに関する有益な情報が満載です。

このため電気代が余計にかかってしまうのです。

温水モード搭載モデルを使っていてもし普段あまり温水を使わないのであれば、温水の設定温度をなるべく下げておくようにしてください。

それだけでも節電効果が期待できます。