だから私は神戸の賃貸に決めたんです!

神戸の賃貸物件の入居審査

神戸で気に入った賃貸物件に出逢い、見学もした上で借りたい気持ちがかたまったら入居の申し込みをします。住民票や連帯保証人を引き受けてくれる人の同意書など必要な書類を添えて提出する入居申込書は、該当の神戸の賃貸物件を借りたいという正式な意思表示です。

入居申込書が出されると、入居審査が行われます。入居審査は大家さんや不動産会社また保証会社と契約する場合は保証会社も加わって行われるのが一般的です。入居審査は、申込者が神戸の賃貸物件を貸すにふさわしい人かどうかを見極めることが目的になっています。

大家さんまた不動産会社、保証会社としては家賃や保証料をしっかり支払ってくれる人であることが大前提なので、入居審査ではその人の経済能力が調査の中心です。借り手本人がもしも家賃を未納してしまうと連帯保証人がその支払いを代行しますので、審査では連帯保証人を引き受けてくれる予定の人の経済状況もチェックされます。

入居申込書に契約する人や家族の勤務先・勤続年数・年収などを記入する欄があるのはそのためです。連帯保証人の経済状況については、必要に応じて源泉徴収票などの提出が求められることもあります。神戸の賃貸物件に入居して生活していく上では、家賃の支払いとともに他の入居者とよい関係を築ける人であることも重要です。

入居の審査では、入居を申し込んだ人の人柄や雰囲気なども重視されます。トラブルを起こしがちな人でないかどうかは、物件探しで不動産会社のお店に来た時の服装や言葉遣い、現地見学の時の態度などでさりげなく確認されているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です