だから私は神戸の賃貸に決めたんです!

神戸の賃貸物件入居者には善管注意の義務がある

神戸の賃貸物件に契約して入居すると、家賃の支払いは毎月の義務です。物件は、大家さんや不動産会社の持ち物なので、家賃さえ支払っていれば使い方は自由というわけにはいかず借り手には他にも果たすべき義務や責任があります。

善管注意の義務はそのひとつです。善管注意というのは、借り物である神戸の賃貸物件を適切な注意を払って大切に扱うことをさします。家財道具を配置する時には薄板などを敷いたり、壁からは少し距離をとっておくことで熱による壁の傷みを防ぐなどの配慮が善管注意です。

神戸でも、最近はペットと一緒に入居できる賃貸物件が増えてきていて大変人気が高くなっています。ペットと一緒に生活する上では、汚れや臭い、壁の傷を防ぐために特に注意が必要です。

神戸の賃貸物件契約を解約し退去する時には、借り手自分の責任で発生した汚れや傷、損壊などは本人の負担でクリーニングや修理することになっています。これを借り手の原状回復義務といいますが、原状回復にかかる費用は神戸の賃貸物件に契約した時に必要経費として支払った敷金から充てるのが一般的です。

敷金については、通常では原状回復費用や未納分の家賃などを清算後にもし残金があれば返金されます。入居中、適切な注意を怠らないで物件を丁寧に扱っていれば自己責任で修理やクリーニングしなくてはならない部分の発生を極力抑えることも可能です。

その結果として、敷金が多く返金されることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です