だから私は神戸の賃貸に決めたんです!

神戸の賃貸物件探しでは畳の大きさをチェック

神戸の賃貸物件を探すにあたり、不動産会社に行って広告を閲覧するという方法があります。物件広告からは、神戸の賃貸物件のいろいろな情報を得ることが可能です。広告で知ることのできる情報のひとつに、物件の広さがあります。

広さについては、平方メートルや和室の場合なら畳数で記されています。気になる物件に出会ったら、広告を見ただけで決めてしまわずに現地を見学することが必ず必要です。現地見学では間取りや収納のレイアウトなどを実際に見て確認しますが、広さについても自分の目で見て確かめる必要があります。

収納スペースの有無などによって実際に生活に使える空間の広さは違ってきますが、現地見学の時に巻き尺を持っていくと家具や家電の置き場、カーテンの長さなどに加えて居室そのものの広さも物件広告と同じかどうかを調べることができますので必須アイテムです。

物件広告を見て現地見学をしたら、思っていた広さと違っていたというケースがあります。その理由のひとつが、畳の規格です。和室で物件広告に畳数での広さが書かれている場合、畳の規格に注意する必要があります。

一口に1畳といっても、畳の大きさには京間や江戸間、中京間、団地間といったいくつかの規格があって1畳の大きさはさまざまです。特に団地間サイズの畳は小さめなので、団地間の6畳と江戸間の6畳では見た目の広さも大きく変わってきます。

神戸の賃貸物件探しでは現地見学が必ず必要ですが、その時に、使われている畳の規格も確認しておけば安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *