だから私は神戸の賃貸に決めたんです!

神戸の賃貸物件広告に記載の取引態様とは

神戸で賃貸物件を探していて、広告を見ていると取引態様という項目があります。この取引態様というのは、不動産会社が該当の神戸の賃貸物件とどういった立場で関わっているかを示すものです。不動産会社が神戸の賃貸物件を扱うと一口で言っても、その取引態様は3タイプあります。

それらは、貸主・代理・仲介の3タイプです。貸主は、自社物件とも言われる取引態様です。つまり、不動産会社自らが所有している神戸の物件について第三者と賃貸契約を交わすことになります。

代理と仲介は、他に所有者、オーナーさんや大家さんという方が存在する物件について、不動産会社が所有者に代わってあるいは所有者と借り手との間に立ち正式契約をサポートするという立場です。これら3タイプの取引態様は、神戸の賃貸物件に正式に契約する際に必要になる初期費用のひとつ仲介手数料の有無に関係しています。

仲介手数料については不動産取引を管轄する法律の宅地建物取引業法でも定められていて、物件を紹介しまた正式契約までをサポートしてもらったことに対して借り手が不動産会社に支払う手数料です。仲介手数料は、貸主・自社物件以外の取引態様になっている物件において正式に契約が成立すると不動産会社に請求権が発生する成功報酬の手数料にあたります。

物件全体では一番多い取引態様は仲介ですが、仲介手数料がない物件ということであれば広告上では取引態様が貸主になっている物件を探すのも方法のひとつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です