だから私は神戸の賃貸に決めたんです!

神戸の賃貸契約の初期費用のひとつ礼金の起こり

神戸で気に入った賃貸物件が見つかり、現地見学・入居申込み・審査・重要事項説明を経て正式契約に至ると初期費用が必要になります。

礼金は、初期費用のひとつです。

礼金の目安は、地域や不動産会社による違いはありますが借りる物件の家賃の2か月分程度とされています。初期費用にはいくつかの項目がありそれぞれ支払う相手と目的が決まっていて、礼金については神戸の賃貸物件を借りる人から大家さんに渡すお金です。

礼金には、神戸の賃貸物件を借りるお礼という意味合いがあります。礼金については、日本の賃貸契約の歴史の中で慣例的に発生してきたものです。その起こりには、いろいろな説があります。

戦後の住宅難の時代に礼金を贈る習慣が発生したというのは、そのひとつです。多くの人が住まいを失い困っている時に、戦災を受けた方には優先して貸家や長屋、間貸しの部屋などに都合をつけてくれた大家さんに対してお礼のお金を包んだと言われています。集団就職などで上京した子どもがお世話になる下宿の大家さんに親から「よろしくお願いします」の想いで包んだのが起こりというのが一説です。礼金には、地域性が大きいという特徴があります。

礼金が必ず必要になる地域、ほとんど習慣がない地域、物件によって異なる地域とさまざまです。

礼金は敷金とセットになっていることが多いのですが、礼金と敷金とは支払う目的や性質が全く異なります。敷金は延滞家賃や退去時のリフォーム費用の保証金で、必要なお金の清算が終って残金があれば返還される仕組みです。

礼金の方は、お礼のお金なのでいったん渡したら返還されることはなく敷金とは異なります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *