だから私は神戸の賃貸に決めたんです!

神戸の賃貸物件を借りる費用

神戸市内の賃貸物件を借りる前には、初期費用が必要なことを理解しておく必要があります。

契約をしてあとは毎月の家賃だけを支払えばいいと思われがちですが、物件によっては家賃にプラスして毎月共益費が必要になることもあります。

また、入居前には高額な初期費用が必要となり、引っ越しの時期には引っ越し業者へ依頼する費用やさまざまな契約の解除や再契約、不用品の処分や新しい神戸の家で必要なものを購入したりと何かとお金がかかるので、ある程度のまとまった資金は用意しておく必要があります。賃貸物件契約に必要な初期費用には、敷金、礼金、仲介手数料などがあります。敷金は、その賃貸物件を所有している大家さんへ預けるお金となります。

自分がもしも家賃を滞納してしまった時にはそこから利用されることになり、また退去後にわざとではなくても壊してしまった設備や汚してしまった壁や柱などの修理のために使われます。敷金は、高額であっても何もなければ退去後に自分に戻ってくることになるので、不安に感じることはありません。一方、礼金は大家さんへのお礼として支払うお金となるので、敷金のように戻ってくる可能性は全くありません。

神戸のその賃貸物件を紹介してもらったお礼として不動産屋に支払うのが仲介手数料となるのですが、不動産屋が所有している物件で大家さんがいないという場合には、仲介することもないので仲介手数料はかからないことになります。

これらの費用は物件によっても違い、高ければ半年分程度の家賃の金額が必要になるケースがあるということを理解しておかなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *