だから私は神戸の賃貸に決めたんです!

神戸の賃貸物件見学では2回以上の現地見学が理想

神戸で気に入った賃貸物件に出会ったら、不動産会社のお店やサイトの専用フォーマットなどから予約申し込みをして現地見学をします。

現地見学は、物件広告を閲覧するだけではわからない周辺環境や駅などからの実際の徒歩所要時間を把握するために必ず必要です。例えば、神戸の賃貸物件には、マンションやアパートといった種別があります。
この物件の種別には法律上の定義はなく、大家さんや不動産会社が自由に決定できるものです。物件種別がマンションになっていると重厚な構造で防音性能にも優れているイメージがありますが、種別がマンションだからと安心してしまうのではなく現地見学で他の部屋からの物音の伝わり具合を確認します。

隣戸が空室であれば、案内の不動産会社スタッフに依頼しその部屋で何か物音をたててみて伝わり具合を確認できると安心です。現地見学では、最寄りのバス停や駅などから実際に自分の足で歩いて道路や交通事情、実際にかかる時間などを把握するという点でも意義があります。神戸の賃貸物件の現地見学は、1回だけではなく複数回行ってみるのが理想です。

室内の見学では午前と午後では日の当たり具合などが変わってきますし、平日の昼間と一般に在宅者が多くなる土日では周りの物音も違ってきます。最寄り駅から物件までの様子も、昼と夜で街ががらっと雰囲気を変えることもあり要チェックです。
昼間の訪問では気づかなくても、夜間に行ってみたら街灯もなく真っ暗だったということもあります。神戸の賃貸物件の現地見学では、時間帯や曜日を変えて何回か行ってみることでさらに詳細な様子を確認することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *